カードローンのメリットとして、一度設定した利用可能枠の範囲内で何度でも繰り返し借入と返済が出来て、使用用途が原則自由とされている点にあります。銀行が行なう目的別ローンやフリーローンでは、融資が1度行われると追加借入を行なうためには再度審査を必要とする点でカードローンと異なります。
銀行と消費者金融が行っているカードローンは、それぞれ適用される法律が異なっており、銀行は銀行法、消費者金融は貸金業法に基づき融資が行われています。適用される法律が異なるにも関わらず、同じカードローンという名称が使われているのは、使い方として繰り返し借入と返済が出来ることや、ローンカードにより融資を行なう点で共通項が多いからです。銀行カードローン(http://www.centrejc.org/)は審査が厳しい代わりに金利は低く抑えられており、消費者金融のカードローンは金利はある程度高めですが、総量規制の範囲内であれば融資条件として柔軟な審査にも対応している点で異なります。カードローンを利用して融資を受ける際には、自身の属性を考慮した上で、返済可能な範囲内に利用可能枠を留めておくことが重要です。利用可能枠の増枠は難しいものの、融資を受けすぎないように利用可能枠を制限する希望を出せる点に注意しましょう。