引っ越しは大変な重労働です。
これまで経験がない人は、引っ越しに対するイメージができないと思われます。
しかし、想像する以上に体力や精神力を使うことを知っておきましょう。
一方、一度でも引っ越ししたことがある人は、その大変さが身に染みているかもしれませんね。

引っ越しをするときに「荷造り」は不可欠です。
荷物の量は家族の人数や年齢層、個々の趣味などによって異なります。
一人暮らしの場合は、荷物が少ないと思われがちですが、必ずしもそうとは限らないのです。
趣味に凝っている人や、在宅で仕事をしている人などは、けっこうな荷物量になるのではないでしょうか。

荷造りをするときは、ダンボール箱があると大変便利です。
また、いろいろなサイズではなく、同じサイズのダンボール箱を多く揃えることで、積み重ねても荷崩れしにくくなります。
ただし、荷物を積めるときは、ダンボール箱の重さを意識する必要がでてきます。
そのためには、少なくとも大小2種類のダンボール箱の用意をおすすめします。

ダンボール箱をスムーズに持ち運びするためには、重いものは小さいダンボール箱、軽いものは大きいダンボール箱に詰めることが基本です。
たとえば、書籍や書類は小さいダンボール箱に詰めていきます。
書籍などはカサが低く、1つひとつは軽いかもしれませんが、まとまると結構重くなることを知っておきましょう。
また、重要書類はダンボール箱に詰めないで、自分で管理することが大切です。
もちろん、貴重品の管理も例外ではありません。

なお、ダンボール箱を調達するときは注意が必要です。
引っ越し業者から「無料」でもらえるとは限りません。
そのため、初めて引っ越しをする人はもちろん、前回の引っ越しでは無料だった人も、くれぐれも注意しましょう。

引っ越し比較は一括見積もりサービスがお得!【無料】が基本です。
ネットで複数の業者に一括して見積もり依頼し、その中からいくつかに絞ります。
そして、今度は訪問見積もりしてもらうのですが、訪問見積もり時にダンボール箱を置いていく引っ越し業者もいます。
しかし、後々のトラブルを避けるためにも、契約前にダンボール箱を受け取ることは避けることが大切です。

なお、ダンボール箱を調達する方法として、量販店などで購入する方法があります。
スーパーなどでダンボール箱をもらってきてもよいでしょう。
ただし、強度面で心配なダンボール箱を使うときは、軽いものを選ぶことがポイントです。

引っ越し準備をするときは、ふだん使わないものからダンボール箱に入れていきましょう。
また、使う予定のないものは、リサイクルや廃棄することも選択肢のひとつです。

引っ越し日が近づくとするべきことが増えるため、混乱してしまうかもしれません。
そうならないためには、一覧表を時系列でつくっておき、家族で情報を共有することをおすすめします。