AGA治療を受けるには、大きく分けて専門外来と一般外来の頭髪治療があります。
この両者の違いはどこにあるのか、どちらを選んだらいいのかと悩まれる方は少なくありません。
そこで両者で行われる頭髪治療の違いについて詳しく説明していきます。
まず前者は専門とついているだけあって、その治療はAGAに対して発毛を促す段階にまで及びます。
そのため、血液検査や血圧検査など様々な検査が行われ、処方される薬も症状の程度、検査結果、問診などを総合した上で、患者個人に合わせたオーダーメイド方式で決められます。
徹底した治療が行われるため効果を実感できることが多いのですが、それゆえに治療費がかさんでしまうというデメリットがあります。
次に一般外来で行われる頭髪治療ですが、基本的に一般外来は発毛ではなく現状維持が目的となっていることが多いため、それほど詳しい検査が行われることはありません。
また処方される薬も育毛や発毛に効果のあるとされる薬剤を一つのみという単剤処方となっています。
AGAの治療薬は複数の物を同時に服用することで効果が上がるという研究結果もあるので、その点ではこちらのような専門外来より少し劣ってしまうといえます。しかし、症状の程度が酷くない場合は、一般外来の方が治療費が安く済むというメリットがあります。
自身の症状や期待する治療効果、そして治療費と相談して、どちらの外来で治療を受けるのかを考えるとよいでしょう。